外出先でネットに接続する方法!フリーWiFiの危険性について

最終更新日

Comments: 0

公共の場所やカフェなどの店舗で提供されている、誰でも無料で接続できるフリーWi-Fiは外出先では非常にありがたい存在です。

スマートフォンやタブレットのモバイル通信を使えない、使いたくない時には頼れるのですが、一方でセキュリティの面では難点があります。

外出先でのフリーWiFiは安全性が低い場合がある

誰でも接続できるということは、暗号化がされていないとも言い換えられるため、通信の内容を知られる恐れがあるのが最大の問題です。

他人の通信内容を知ろうとするような悪意を持つ人間がいなければ被害に遭うことはないのですが、そのような悪意を持つ人間がいないとも限りません。

インターネットで使用しているパスワードの情報が漏れてしまう、偽のサイトに誘導されるなどの危険性があるため、フリーWi-Fiは使用しない方が無難です。

また、これはフリーWi-Fi自体の欠点ではないのですが、フリーWi-Fiに名前を似せたアクセスポイントが作られている恐れがあります。

名前が似ているのでアクセスしたところ、実際にはフリーWi-Fiに似せたなりすましのアクセスポイントだった、このような被害の事例は数多く存在するのです。

当然ながら、そのなりすましのアクセスポイントを作った人間には通信の内容が把握されてしまう恐れがあります。

フリーWi-Fiにはこのような危険性があるため、安全性のことを考慮するのであれば外出先ではWi-Fiを使用しないのが一番です。

しかし、スマートフォンやタブレットなど、外出先でのインターネット利用を前提とした機器が普及している以上、モバイル通信しか利用しないというのも不便に感じられるでしょう。

安全性を考慮するならモバイルWi-Fiルーターを使うことも検討してみる

対策として挙げられるのは、外出先ではフリーWi-Fiには接続せずにモバイルWi-Fiルーターを使用する方法です。

どんなときもWiFiなどが手掛けているモバイルWi-Fiルーターであれば、外出先でも安心してインターネットに接続できます。家庭でも外出先でもインターネットに接続できる、モバイルWi-Fiルーターの利用をぜひ検討してください。

saito

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする