Wi-Fiと無線LANに違いとは?厳密には違うもの?

最終更新日

Comments: 0

Wi-Fiでスマートフォン、タブレット、ノートパソコン等をインターネットに接続する、これはよくある光景です。

このWi-Fiという言葉はかつてはあまり使われておらず、Wi-Fiの普及以前はインターネット接続の際に「無線LANでインターネットに接続する」などのフレーズが用いられていました。

Wi-Fiと無線LANにどのような違いがあるかですが、基本的には同じものを指していると考えて問題ありません。ただし、厳密には違いがあり、Wi-Fiとは無線LANで使われている規格のことを表している言葉です。

無線LANとは?

無線LANのLANは「Local Area Network」の略であり、同じ建物などの限定されたエリアで構築されたネットワークのことです。

無線LANは、家庭内のパソコンやスマートフォンなどの機器を取りまとめる役目を果たしている中継地点のようなものと考えてください。

親機にあたるのが無線LAN、子機にあたるのがパソコン、スマートフォン、タブレット等で、無線LANの電波が届く範囲であればケーブルなしで子機をインターネットに接続できます。

ただ、昔から無線LANが普及していたわけではなく、インターネットの黎明期にはあまりメジャーな存在ではありませんでした。

その理由として挙げられるのがメーカー独自の規格であり、同一のメーカーの親機と子機でないと接続できないなどの不便さが目立っていました。

このような理由からあまり普及していなかった無線LANですが、1999年にWECAという無線LANの業界団体が立ち上がり、この団体によりWi-Fiという国際的な統一規格が定められました。

WiFiの普及

2002年にはWECAは「Wi-Fi Alliance」と名称を変更していますが、Wi-Fiの規格に適合しているとこの団体から認められたものがWi-Fi対応の商品として発売されています。

国際的な統一規格であるWi-Fiの普及により、無線LANはまず間違いなくWi-Fiに対応するようになったため、Wi-Fiと無線LANはほぼ同じような意味で使われていますが、厳密にはWi-Fiは無線LANの規格の1つです。

最近は、車でドライブ中にWiFiを利用するシーンは増えてきました。昔の車はWiFiを搭載できませんが、最新の車であれば用意です。もし古い車を手放すのであれば下取りよりも買取の方が、高く売れます。

かんたん車査定ガイドなどで見積りをしてみることをおすすめします。

かんたん車査定ガイドの口コミはこちらでご確認いただけます。

愛車が思ったよりも高く売れるケースもあるので見積りをお願いして取得するだけでやっておくといいでしょう。

saito

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする