海外旅行でフリーWiFiを利用する危険性についてご紹介!安全に使うには?

最終更新日

Comments: 0

海外旅行をしている時でも、インターネットに接続したい場面は多く存在します。

しかし、海外でモバイル通信を試したところ、とんでもない通信費を請求されたという事例もあるように、海外でのモバイル通信にやや危険な側面があるのは事実です。

それならば、フリーWi-Fiを使用した方がよいのではないかと考えてしまうかもしれませんが、外国での無料フリーWiFiの利用には危険が伴います。

外国におけるフリーWiFiの被害実例

実際に、外国で無料のフリーWi-Fiを利用して被害に遭ったという事例は珍しくはありません。

これは日本人に限った話ではなく、インターネットのセキュリティ対策ソフトを手掛けているカスペルスキーの調査では、23ヶ国のおよそ12,000人を対象とした調査では82%が海外滞在中に無料のフリーWi-Fiを使用しているという結果が出ています。

しかも、この調査によれば無料のフリーWi-Fiでオンラインバンキングにアクセスする、ネットショッピングをするなどの行動を取っていた人はおよそ半数にも上っており、海外旅行では警戒が緩みがちになるという結果が出ているのです。

カスペルスキーによる別の調査では、海外旅行では5人に1人がサイバー攻撃の被害に遭ったとのデータもあり、フリーの無料Wi-Fiを利用するのは非常に危険と言っても過言ではありません。

海外旅行でのサイバー被害を防ぐための方法

海外旅行でのサイバー被害を防ぐための方法として、定期的にパスワードが変更されているWi-Fiのみの使用が挙げられます。

Wi-Fiの中には定期的にパスワードが変更されているものもあり、このようなセキュリティ意識の高いWi-Fiのみを使用することでサイバー被害に遭うリスクは減らせるでしょう。

もっと確実なのは海外でも使えるWi-Fiレンタルサービスを利用する方法で、セキュリティ面での安心感に加えてどこでもインターネットに接続できるという利便性が魅力です。

また、どんなときもWiFiのように、日本で使っていたWi-Fiルーターをそのまま海外で使えるサービスもあり、海外旅行では頼りになります。

saito

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする