スマホやタブレットのSIMモデルとWiFiモデルの違いとは?

最終更新日

Comments: 0

スマートフォンよりも大きな画面で動画、ゲームなどを楽しみたいのであればタブレットの利用という選択肢があります。

iPadなどiOS対応のタブレット、NECやASUSなどが手掛けているAndroidのタブレットなど、種類も豊富です。タブレットを選ぶ上で非常に重要なポイントが、SIMモデルを選ぶかWi-Fiモデルを選ぶかです。

SIMモデルとは?

SIMモデルは、携帯電話会社やMVNOなどのSIMカードを利用して通信を行うタイプであり、電波が届くところであれば場所を問わずインターネットに接続できます。

そして、Wi-Fiモデルの場合はSIMモデルと違って、モバイル通信が全く利用できずWi-Fiでのみインターネットに接続できるタイプです。

それぞれにメリットとデメリットがあり、SIMモデルの魅力は場所を問わずに通信ができる点です。

SIMには音声通話もできる音声対応SIM、音声通話には対応しておらずインターネットへの接続にのみ対応しているデータ専用SIMがありますが、データ専用SIMを利用するのであればコストカットも期待できます。

SIMモデルはタブレット本体の価格がやや高い傾向があるため、タブレットの環境を整えるためにややお金がかかるのがデメリットです。

WiFiモデルとは?

一方、Wi-FiモデルはWi-Fiによるインターネット接続にのみ対応しているため、Wi-Fiが使えない環境であればできることは大幅に限られます。

モバイルWi-Fiルーターを契約していつでもWi-Fiに接続できたり、フリーWi-Fiにすぐに接続できるのであれば非常に心強いものの、そうでないのであればデメリットの方が目立つのが実情です。

しかし、Wi-Fiモデルのタブレットは全体的に価格が安い傾向があるため、なるべくコストをかけずにタブレットを使う環境を整えたいのであれば役立ってくれます。

Wi-Fiモデルのタブレットを使うのであれば、電波が届く範囲であればどこでもインターネットに接続できるモバイルWi-Fiルーターをあわせて契約すると弱点をカバーできるでしょう。

saito

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする