WiFiの電波の2.4GHzと5GHzの違いとは?それぞれのメリット・デメリットをご紹介

最終更新日

Comments: 0

Wi-Fiでインターネット接続するためにはルーターが欠かせませんが、このルーターが出している電波は2.4GHzと5GHzの2種類があり、電波によって特性が変わるのです。

2.4GHzの電波の特徴

2.4GHzの電波は、ルーターに限らず他の様々な機器で使われているため、やや混雑しやすい性質があります。

厄介なことに、マンションやアパートの隣の部屋で使われている2.4GHzの電波の悪影響を受けることもあるため、集合住宅だと混雑からスピードが出にくいのがデメリットです。

一方で、2.4GHzの電波にはメリットも多く、パソコンやスマートフォン、タブレット、ゲーム機など様々な機器が2.4GHzの電波に対応しているため、機器の種類を問わずにインターネット接続ができるのは魅力です。

また、比較的ではあるものの壁などの障害物にも強いため、別の部屋にルーターがあってもある程度の安定した接続が期待できます。

5GHzの電波の特徴

一方、5GHzの電波はほぼルーターでしか使用されないため、周囲の機器の干渉を受けないで済むのが魅力です。

そのため、単純な回線の安定性では2.4GHzよりも優れているものの、一方でデメリットも見られます。1つ目のデメリットは5GHzに対応していない機器がある点で、そもそも5GHzだとWi-Fi接続ができないという機器も珍しくはありません。

そして、もう1つのデメリットは2.4GHzと比べた場合に障害物の悪影響を受けやすい点です。壁などの障害物があると通信できる範囲が大幅に狭まるため、ルーターから離れると接続できなくなる恐れがあります。

このように、それぞれの電波にメリットとデメリットがあるため、どちらを利用するのがよいかは一概には言えません。

自宅で利用するのか、それともモバイルWi-Fiルーターを利用して外出先で利用するのか、自宅は一軒家か集合住宅か、これらの状況で最適な電波は変わってきます。

基本的には障害物の有無や距離で判断するのがよく、ルーターを置いてある部屋でインターネットを利用する場合は5GHz、別の部屋でインターネットを利用するなら2.4GHzがよいでしょう。

saito

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする