WiFiのおけるセキュリティ確保の方法!暗号化されていない回線は危険です

最終更新日

Comments: 0

Wi-Fiでインターネット接続する際に気を付けなければいけないのが、セキュリティです。

勝手にWi-Fiの通信を使われる、いわゆるタダ乗りの被害の事例は数多く存在しています。タダ乗りは、自分が契約している回線のデータ通信量を抑える目的で行われる場合が多いものの、もっと大きな問題に発展する恐れもあるため注意しなければいけません。

覗き見された場合の被害

勝手にWi-Fiの通信を利用されるということは、Wi-Fiで接続しているスマートフォンやパソコンのデータを覗き見される可能性だってあります。

さらに、ネットバンキングのパスワードなどの非常に大事な情報を知られてしまう、意図的にコンピュータウイルスに感染させられるなどの大きな被害を受ける可能性も否定はできないため、Wi-Fiを利用するのであればタダ乗り対策は欠かせません。

Wi-Fiは暗号化がされていない場合はパスワードなし誰でも利用できてしまうため、非常に危険です。

ルーターは出荷の時点でパスワードが設定されているものの、それだけで確実にタダ乗りが防げるわけではありません。

WPA2-PSK(AES)を採用しているルーターを利用するのが有効な対策であり、WPA2-PSK(AES)は非常に強いセキュリティを誇っています。

また、見知らぬ機器がWi-Fiに接続してきた場合にそのことを知らせてくれる、タダ乗りを監視するソフトウェアやアプリを利用するのも手です。

どんなときもWiFiなどのモバイルWi-Fiルーターを使用する場合にも、このタダ乗りの被害に遭う恐れはあります。

家庭で使われているルーターと同じく、パスワードを設定していない場合にはタダ乗りされるリスクがあるため、注意が必要です。

パスワードの工夫

また、パスワードが非常に甘く推測されやすい場合も同様に危険なので、メールアドレスやネットバンキングなどで使うパスワードと同じで長く、推測されにくいパスワードを設定してください。

また、シンプルな方法ですが、実際にインターネット接続する時のみモバイルWi-Fiルーターの電源をオンにするのも有効な対策です。

saito

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする